酒買取りに関して、査定方法のメリット・デメリットについては十分お分かり頂けたと思いますが、引き続き”様々な買取方法を利用する場合”のメリットやデメリットについても、きっと皆さん気がかりなのではないでしょうか。

引き続き、買取方法についても、以下にその詳細をご説明していきたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

1.出張買取のメリット・デメリットについて

メリット:基本的には”査定”と一緒にお願いをする可能性が高いのがこの出張買取についてです。
例えば法人の方でお店をされていたりすると、何らかの際に大量の在庫を処理しなければいけないことも出てくると思います。

そういったとき、この出張買取を利用すれば、大量の在庫をどこかに送ったり持っていく手間を省くことができます
また、査定と同時に行うことができますので、様々な面からみても便利であることは間違いありません。

デメリット:基本的には買取専門店側とのニーズがマッチしていないと来ていただくことができません。
例えば、1本のお酒を買い取りに来てほしいと言われた場合、よほどのことでない限りは経費上の赤字となってしまいます。
そういったことを防ぐため、できるだけ点数が多い、あるいは特定の条件を満たしていることが必要になります。

2.宅配買取のメリット・デメリットについて

メリット:宅配買取のメリットは、ひとことで言えば”楽ちん”です。
例えば自宅に色々なお酒が眠っていたとして、これらを仮に電話やオンラインで査定してもらったとしても、もしあなたの自宅の近くに店舗がなければ店頭に持っていくのが非常に億劫となってしまのではないでしょうか。

その点、最近流行りの宅配買取なら安心安全で、商品を着払いで送るだけで全て行ってもらえますから、自宅にいながら買取サービスを受ける事が出来るのです。

デメリット:査定金額が自分の思っていたものと違っていた場合、次に違う店舗に掛け合うまでどうしてもロスタイムが生じてしまいます。
そういったことも考えられますので、あらかじめ査定については複数店舗で相見積もりをとっておいた方がいいかもしれませんね。

3.店頭買取のメリット・デメリットについて

メリット:実際に目の前で細かく査定して下さるので安心感が持てます
また、すぐに手渡しで現金がもえらるのも魅力と言えるでしょう。

デメリット:近くに店舗がない場合、あるいは買い取り希望点数が多い場合には店頭に赴くのが非常に難しくなってきます。